サイバー攻撃

軽自動車 買取

軽自動車を高く売るための売却術を元自動車営業マンが伝授します。普通に下取りや買取店に出すよりもネットを利用して査定をした方が高価買取をしてくれる業者を見つけやすいです。同時に売れる軽自動車の車種なども解説していきます。

軽自動車を高く売る売却方法

軽自動車を売る場合にはどうのようにして売却を考えますか?

買った店で新しい車を購入するための費用に下取りに出す。自宅の近くに構えている中古車買い取り店に査定に出す。

このように売却を考えている人は多いのではないでしょうか。
どれも間違っていませんが、高価買取を目指すのであれば少しパンチが弱い売り方になります。

売りたい車の査定で満足をするのか?
買取価格は相場よりも高いのか?低いのか?ってわかりますか。

実は下取りや1社だけの買取査定では実は正しい買取価格を導きだすことができません。

車の買取は業者によって価格が変わってくる

まずは中古車買取店の解説からしていきます。
買取店の基本は車種、年式、走行距離などを元に相場をみて買取基本価格を決めていきます。そこから査定士が実車を見て修復歴であったり、キズであったりをみて加減点方式で最終的な車の買取価格を算出していきます。

ただし業者によって相場買取価格はあくまで基本であり自社で売れやすい自動車であったり限定車両。季節ごとに売れる車というのは相場よりも高く買ってくれる業者も存在します。

車を買取る業者というのは現在では多種多少にとんでおり、特定車両だけを強化買取する店舗があったり、事故車、故障車、不動車などを専門的に買取する業者もあります。当然ですが、軽自動車だけを買取するような店も存在しています。

お店事情なども査定をしてもらう店舗で買取価格は変わります。
ですから、査定してもらう業者を1社だけに限定するのは非常にもったいないことなのです。もしかしたら自宅の近くの買取店よりも10万円以上も高く軽自動車を買取してくれる業者が存在するかもしれません。また複数査定をするとわかるのですがそういった買取店に出会える確率って意外と高いです。

下取りは買取よりも低査定が多い

実は下取りって買取の価格よりも実際には安い金額で手放している可能性が高いです。
下取りは基本的に新しい車を買う前提でその店舗に車を引き取り、買取をしてもらうことが前提となります。

そのため新車の値引きに使われることが多いので実際の金額が不透明な部分でもあります。

下取りの場合は相場買取価格というのもあまり関係なく、状態、走行距離、装備をもとに価格を算出する傾向があるので買取店よりも安い金額で買取が行われており、はっきり言って損をしている売り方でもあります。

下取りが買取店と同じ金額で買取をしていると中古車買取専門店は経営ができません。
ですから、車が高く売れる店は買取専門店の方が高く売却することができます。

もっとも高く軽自動車を売るなら一括査定

いまや車を売却するときは1社だけで決めずに複数の買取店に見てもらうことは車通の方であれば常識となっています。

でも、時間がない。面倒くさい。
こんな場合にはネットを活用した一括査定を使うと便利で複数業者に愛車の査定をしてもらうことができます。

一括査定を簡単に説明するとサービスを運営している会社と中古車を買い取る専門店が提携をしており、車情報、個人情報を入力するだけで各社に売りたい車の情報が送信されます。買取店の担当者がそれを見て相場をもとに概要見積もり価格をくれるのです。

提携会社は50社〜100社程度もっているサービス会社もありますので多くの買取業者に自分の車を査定してもらうことができます。一回の査定で最大10社まで見積もりをもらうことができて自分で持込査定を行うよりも時間、労力が少なくて済みます。

軽自動車を高く売りたい場合には活用して一番高く売れる業者を探してみましょう。

下記のような結論を出しているサイトもあり私も凄く納得しています。

下取りで車を引き渡すのは損
高査定を勝ち取るなら一括査定!

引用元:中古車を売る高査定ガイド

高く売れる軽自動車ってどんなの?

高年式、走行距離が少ない。装備が充実している。この辺りは査定額にもプラス影響を与えてくれるので高査定の期待を高くもつことができます。

他にも軽自動車では車内が広い車
4WD車両などは高い人気があります。中古車であると新車で買うよりもお手頃価格で購入できるのでセカンドカーに軽自動車を選ぶ世帯も多いです。

人気車両であれば需要も高いので売却するときも高査定を期待できます。